梅雨はスタイリング決まらない!梅雨でもツヤサラ髪をキープしよう!

雨が多く湿気の多い梅雨の季節は髪形が決まらないなんて感じる人も多いですよね。特にくせ毛の人はこの季節髪の毛があっちに跳ねたりこっちに跳ねたりとスタイリングに苦労する人がいます。梅雨は湿気が多く、髪の毛の水分量も多くなるため髪の毛が膨張し、髪の毛全体が広がってしまいます。普段はキューティクルが水分の侵入を防いでくれますが、キューティクルが本来の仕事をちゃんとしていないと余分な水分が髪の毛に入ってしまうため髪形が決まらないなどの悩みが発生してしまうのです。

梅雨の季節髪が膨張してスタイリングに苦労する!なんて思っている人はキューティクルがしっかり水分を侵入させないように髪の毛を保護していればいいのです。キューティクルの剥がれている部分から水分が侵入するとキューティクルの内側にあるコルテックスという部分に溜め込まれます。そうなると水分を溜め込んだ部分だけが膨張し、髪の毛がうなってしまうのです。髪1本1本がうねり出すので、全体としてかなりのボリュームが出てしまうため、梅雨の季節のは大変なことになってしまうのです。

髪の毛にとっても冬から春、そして梅雨の季節はとても過酷です。気温や湿度の変化が大きく、また紫外線が強いとされる5月~6月はダメージを受けやすいのです。紫外線は髪の毛のキューティクルを酸化させ脆くなり剥がれやすい状態にします。春になるとシャンプーやコンディショナーをUVカット効果のあるものに変え髪の毛の紫外線対策を取るといいでしょう。

また梅雨の季節は髪の毛の水分量を12~13%に維持することが一番。しかしその場合こまめにドライヤーで髪の毛を乾かさないといけないため現実的ではありません。その代わりくしでこまめに髪の毛をとくといいでしょう。こまめにブラッシングをすることで髪の毛の水分を髪の毛全体に広げることが出来ます。こまめなブラッシングは髪の毛の汚れを落としたり、頭皮の血流を良くしたりととても効果的です。

そして定期的に髪の毛をカットすることも大切です。あまりカットをしないロングヘアの女性の毛先は長い間紫外線に当たりそれなりのダメージを受けています。普通でも髪の毛の寿命4年程度と言われています。定期的にカットして美しい髪をキープすることもいいでしょう。

髪の毛のダメージを最小限にするためにはコンディショナーで髪の毛の外側に膜を貼ってあげることがいいでしょう。髪の状態や季節に応じてUVカット効果のあるものや傷んだ髪の毛のキューティクルを修復してくれるものを選びましょう。

カテゴリー: 美髪のススメ タグ: , パーマリンク