薄くなってからでは遅い!養毛剤で髪の毛に活力を!

男性に比べて女性は薄毛に危機感を感じない傾向にあります。男性と女性では薄毛になる原因が違います。一般的に不規則な生活や乱れた食生活などの生活習慣が薄毛をまねきますが、これに加え男性は男性ホルモンの減少、女性は女性ホルモンの減少により抜け毛になったりするのです。女性は男性に比べ薄毛になる年齢が高い傾向にあり、さらに分け目が目立ちだしたなど髪の毛のボリュームが減少します。

男性に比べて女性の方が育毛剤などのヘアケア用品に抵抗を持っている人が多くいます。ドラックストアで購入するのが恥ずかしい、家に置いてあると誰かに誰かに見られるのではと気になるものです。しかしヘアケア用品はインターネットでも購入できますし、パッケージもおしゃれで本当に育毛剤?と聞きたくなるほどです。ひと昔前のような「剛毛!」「増毛!」というような言葉が書いてあるものは少ないので安心してくださいね。

ヘアケア用品を購入するにあたりいろいろ種類があるのを知っておきましょう。薄毛には育毛剤と思ってしまいがちですが、育毛剤以外にも発毛剤、養毛剤というものもあります。それぞれの違いを知っておき自分の悩みに合ったものを購入しましょう。

養毛剤は脱毛を抑え、髪の毛を保護する働きがあります。栄養成分や保湿成分を中心に皮脂やフケを抑え、頭皮の環境を整えてくれる比較的効果の緩やかなものです。

育毛剤は言葉の通り、毛髪の成長を促すものです。効果的には養毛剤に似ていますが、今生えている毛に対して成長を促し、抜け毛を予防するものになります。より有効成分が多く含まれているため抜け毛予防になります。

発毛剤はこの中でも一番効果の強いものであり、医薬品に登録されたものが多いのが特徴です。直接毛母細胞の活性化や細胞分裂を促す成分が多く、より髪の毛を発毛させることに特化しています。

女性専用の発毛剤や育毛剤は男性のものと比べると成分の濃度が低めに作られています。デリケートである女性の頭皮や髪の毛を労わって作られています。もちろん養毛剤や育毛剤は今現在髪の毛のボリュームや抜け毛といった悩みがなくても使っておくと頭皮環境や髪の毛の栄養状態などを良い状態のままキープすることが出来ます。髪の毛は年齢と共に細くなったり、艶がなくなったりとするものです。それは老化なので仕方がありませんが、そのスピードをゆっくりさせることは可能です。若いうちからシャンプー同様、髪にとって良いものをしっかり選び、活力のある髪の毛を育てましょう。

カテゴリー: 女性におすすめな育毛剤 タグ: , , パーマリンク